01.23 2016年をどう戦いぬくか










「総がかり行動実行委員会」の高田健さんが、野党共闘について「難しいことかもしれないが、私たちがあきらめたら終わってしまう。安倍政権を打ち破るために粘りづよく働きかけていこう」と開会の挨拶をしました。
 俳人の金子兜太さんが「野党は頑張れといいたくて今日はここに来た」と連帯の挨拶、政党からは、民主党・小川敏夫参議院議員、共産党・小池晃副委員長、維新の会・初鹿明博衆議員議員、社民党・吉田忠智党首が挨拶をしました。
 法政大学の山口二郎教授を司会に、映画監督の森達也さん、学習院大学の青井教授、上智大学の三浦まり教授、SEALDsの諏訪原健さんがパネルディスカッションをし、参議院選挙で野党が過半数をとるためには、今、何が必要かが話し合われました。
 「立憲デモクラシーの会」の中野一さんが行動提起を行い、「野党統一候補を擁立した熊本のような状況を、市民の意思としてつくり上げていこう!」と訴えました。


市民連合


市民連合


直前のページにもどる