21世紀にこんなことがあっていいのか

侵略行為に強く抗議する。
ロシアはただちにウクライナから撤退せよ(声明)

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

2022年2月25日

 2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻し、複数の都市への攻撃で市民も含む多数の死傷者が生じたと伝えられる。国連憲章と国際法を踏みにじり、国際社会の批判も歯牙にかけないロシアの侵略行為に断固抗議し、ウクライナ市民への連帯を表明する。ロシアには軍事行動をただちに中止して、ウクライナから撤退するよう強く求める。

 ロシアは、今回の軍事行動が親ロシア派の支配する地域からの「要請にもとづく保護」の目的であり、国連憲章51条にもとづく「集団的自衛」の行為だと主張している。自ら一方的に「独立」を承認した地域・集団との「集団的自衛」など認められるものではなく、法的な根拠のない侵略行為そのものである。

 ロシアは親ロシア派の支配地域にとどまらず全土で軍事行動を行ってウクライナの独立と主権を脅かしている。事態は極めて深刻でひっ迫している。
 この蛮行に世界の市民が抗議の声を上げ、自国の政府と国際社会が毅然とした態度で臨むよう求めていく必要がある。
日本政府は国際社会とも歩調を合わせつつ、武力によらない紛争解決を宣言する憲法にもそった最大限の対抗措置をロシアにとることを求める。

 また今回ロシアは、核兵器大国であることを誇示して国際社会の批判や制裁の動きに対抗する姿勢も示した。成立している核兵器禁止条約に反する威嚇も断じて許されることではない。国際社会からの孤立を招くし姿勢にも強く抗議する。

© 2022 憲法共同センター八王子, All rights reserved.